Japanのリスト一覧(A to Z)

 1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  7  | All »

dvdr_daybreak.jpg

Daybreak / Live at Hachioji Space X / Nori's ep - 1000yen

(2006 Burst Your Noise BYNDVD-001/BYNCD-004)

八王子で活動するメロディックパンクバンドDaybreakの新しいリリースは、2005年12月に八王子のSpace Xという公共ホールで行われた一代イベント「BURST YOUR NOISE #30」のライブ映像DVD-Rと、スタジオ録音のCD-Rの2枚組!
音源の方はアメリカンハードコアとUKメロディックを存分に感じさせる熱く渋くダイナミックなサウンドに、ちょっとダミ声というかドスの効いたヴォーカルが乗る。気合いのこもったコーラスも良い。

次に映像の方ですが...これは衝撃作です。「BURST YOUR NOISE #30」でのDaybreakのライブはお客さんの愛のある熱狂的な盛り上がりが一部で語り草になりましたが(ライブの内容については?)、それをまさか再び観ることができるとは...。
ライブを観た人も観てない人もあのライブを映像で観たい!という人は結構多いんじゃないかと思いますのでこの機会に是非。

(キーワード:みんな近すぎる/みんな笑顔/デジカメ&ケータイカメラ接写/電池切れ/電池コール/エフェクター復旧でダイブ/胴上げ)

cd_discharmingman.jpg

Discharming man / s.t - 1600yen

(2006 5B Records 5B-02)

*Official Siteで試聴できます。

cd_dm_5b05.jpg

Discharming man / いた - 600yen

(2007 5B Records 5B-05)

1. いた
2. 身勝手なオレにはお似合いさ
3. だいなしにしちゃった


http://www.5brecords.com/

cd_dnf_apoh1.jpg

Document not found/a picture of her / split CD [pressing slight against Ω] - 500yen

都内近辺で活動する2バンドのスプリットCD。
a picture of herは大胆なサンプリングから始まり、流麗なギターのアルペジオと電子音に渋めのヴォーカルが乗る。
その後にダイナミックなドラムのリズムから見事なバンドアンサンブルで聴かせる壮大な曲に。2曲だけでも全体の構成が考えられている。ドラムの高音部分の鳴りが美しい。

Document not foundはデモよりも格段に音の迫力と説得力が増した印象。You and I、Makara、Ruhaeda、Saetia等の初期LEVEL-PLANEのバンドにShellac、Jesus Lizerdのようなジャンクかつ凶暴で鋭利な質感が加わったような...そんな「今」っぽくないサウンドなのに、何故か新しい感覚もある。
ツインギターの絡みとヴォーカルスタイルの個性が特に良いです。


a picture of her
1.no_title
2.owesome

Document not found
3.センスの話し合い
4.よくある話


(2009 self / web: Document not found / a picture of her)

cd_eye_kattou.jpg

EYE / 葛藤症候群 - 1000yen

mynameis...の宮島氏が新たに始めたバンドEYEの初音源。
男女ヴォーカルの掛け合いにギターとベースとドラムが激しく衝突しつつ共鳴し、ハードコアを基調としながらも様々な要素が融合したバンドサウンドになっている。

「何かやらずにはいられない」という何かに突き動かされるような衝動と、自分達の愛する人達や場所を大事にした、地に足を付けた眼差しがそのまま音に現れている。

彼等は横須賀かぼちゃ屋をホームに活動し、メンバーはそのかぼちゃ屋の近くにDELTA MARKETというレコード店(レコード以外にもいろいろ扱っているようです)を運営している。
この音源もDELTA MARKET内のレーベルからリリースということで、横須賀のシーンを支え盛り上げたいという意志と意欲が感じられる。

(2010 DELTA RECORDS/DR-001)

zine_forge1.jpg

FORGE ZINE #1 - 300yen

blue.september.blue distroを運営し、Astheniaというバンドで活動しているヒロシ君と片桐君製作のファンジン第1号。
DETRYTUS、根本潤氏(Z,hununhum,I.C.E)、松井勝也氏(Mn無宿/mnm distro)、Calculator、Roger King(Reaching Away)へのインタビュー、レビュー、コラム、フランス旅行記等、全84ページと大ボリュームの内容。

特にフランス旅行記は、スクワットでのライブ体験、Stonehenge recordsのChristopheとの対面という、このジンの内容にふさらしいトピックもさることながら、旅行ならではの人との出会い、解放感、不安と緊張、ちょっとした行き違い...等々、彼らの喜怒哀楽が詳細に綴ってあり、とても読み応えがありました。


詳細:
・Intro
・Detrytus interview
・根本潤さん (Z, TIALTNGO, Swipe, etc.) interview
・松井勝也さん (mnm distro, Mn無宿)
・Calculator interview
・Roger King (Reaching Away, The Pine) interview
・Review #1
・かきつけ
・Review #2
・Column by Gajiru the 2nd
・フランス旅行記
・Outro

http://blue-september-blue.blogspot.com/2011/04/forge-zine-1.html

, | タグ :

cdr_gofish.jpg

Gofish / songs & guitars Live at shibuya HOME - 1000yen

NICE VIEWのギターヴォーカルの寺井ショウタ氏のソロ「Gofish」の久々の音源は、2008年2月に渋谷HOMEで行われたライブ音源5曲入りのCD-R。
歌とアコースティックギター、MCや息遣い、場の雰囲気と観客の拍手、それら全てが合わさって「Gofishの音楽」になっている。
RCサクセションの「忠実な犬」のカバーも秀逸。清志郎が歌ってるんじゃないか?と錯覚してしまう瞬間もあり。


1. レコード
2. 単純な生活
3. ねむりを待つあいだ
4. 忠実な犬 (Doggy)
5. あたまのうえ


(CD-R / 2008 / self)

impulse_14.gif

Imozoku/Fountain Of Rich Aroma ‎/ Split - 700yen

(2009 impulse records imps-14)

※7インチレコードサイズのジャケットにCD-Rのみです。

cd_konumabros_liveintokyo.jpg

KONUMA BROS. / LIVE IN TOKYO. - 600yen

札幌~東京で活動していたmonochrome omitaが2007年5月に解散し、そのメンバーの2人の小沼兄弟でそのまま「KONUMA BROS.」として活動を開始。
ようやく初の単独作を自身のレーベルtenperson recordsからリリース。

ベースレスで音数が減ったことでシンプルかつ深みのある表現へとたどり着いたことが伺える今作。
絶妙なドラミング、印象的なギターの音色、ヴォーカルの存在感。
コップ一杯の水のようにスッと体に染み込むようでもあり、後になって目が冴えてくるような刺激もある。

http://www.konumabros.com/

(2009 tenperson records / tpr-007)

cd_omita.gif

Monochrome Omita / あなたに届く3つのNEWS. - 1000yen

(2007 tenperson records tpr-006)

札幌発の3ピースバンドMonochrome Omitaの東京移住後の初音源。3曲入り。
絶妙のバンドアンサンブルと強い意志を感じさせるヴォーカル。
ポストロック/マスロックとニューウェーブ、歌ものの融合。

2007年にベース脱退に伴い、残念ながら解散となってしまったが、残ったメンバーの小沼兄弟はすぐにKONUMA BROS.として活動開始。

http://www.myspace.com/monochromeomitasound

 1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  7  | All »